All The Time In The World ってどういう意味?

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

All The Time In The World

時間はいくらでもある

This expression is usually used when someone wants to say they are not in a rush or they want to ease their partner’s nerves. It is also sometimes used to criticize someone who is taking too much time to do something.
この表現は時間は十分ある時や、相手を落ち着かせたい時に使われています。時々時間を無駄にする人に叱り言葉で使われます。

Dialogues
対話

A: You called me?
呼んだの?
B: Are you busy right now? Could I talk to you about something?
今忙しい?話したいことがあるんですけど。
A: No, I’m not busy. I’ve got all the time in the world.
ううん、忙しくない。時間はいくらでもある。

A: Quit acting like we have all the time in the world and get to work!
時間を無駄にするな!働け!
B: Alright, alright! I’m doing it. Relax!
分かった、分かった!やってる!落ち着け!

Keep studying! You’ve got all the time in the world.

Bill Northup

Bill Northup

Thanks for reading!

ビル先生は日本で12年以上英語を教えています。滋賀県の近江八幡市で英会話スクールを運営しています。現実世界で教えることに加えて、オンラインおよびバーチャルリアリティでも英語を教えています。詳細または無料体験レッスンの予約については、ここをクリックしてください。

他のコンテンツはFacebookやTwitterでフォローしてください。

Share on facebook
Share on twitter

関連記事