英文法のルールは、ルールじゃない!

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

英語を話すときは、いつもちゃんと文法規則に従うようにしますか?

ほとんどのネイティブは通常、話すときに英文法の規則に従うようです。でも、実は、実際には文法規則に従っていません。そして時々文法規則を破る。

なぜネイティブが話すとき実際に文法規則に従わないのか理解するのを助けるために、とても簡単な質問があります。英語が先か英語の文法規則が先でしたか?

もちろん、英語が先でした!言語が存在しなければ、文法規則を作ることは無理ですね!

でも、文法規則が作られた前に人々はどのように話しましたか?ただランダムな言葉でランダムな順序で話しましたか?

もちろん違います。 なぜなら、言語が時間の経過とともに進化するにつれて、言語の話者の間で言語の慣習が自然に出現します。

この言語の慣習は、言語の開発のかなり遅い時期に形式化されます。英語の文法は1700年代まで標準化されておらず、それ以来大きな変化を遂げました。

実際、言語学者は言語の慣習、つまりネイティブが実際にどのように言語を使っているのかを研究するために、名前があります。記述文法と呼ばれます。また、人々が言語を標準化しようとしているということの研究のための名前もあります。それは規範的文法と呼ばれます。

だからこれはどういう意味ですか?文法規則を決して壊れてはいけない厳密な規則ではなく、習慣またはガイドラインとして考えたほうが役に立つということです。特に口語の英語では、文法規則が無視されたり、短縮されたり、修正されたりすることがあります。

それで、英語学習者は正しい文法を使用しているかどうかを心配せずにコミュニケーションに集中した方がいいです。文法は、ミスをすることを心配しているからといって、コミュニケーションを妨げるためではなく、コミュニケーションができることを助けるためにあります。

ですから、過去形か過去完了など、どちらを使うべきかを決定するときは、そんなに考えすぎないでください。ただ言いたいことを言うだけで、相手が理解できない場合は、もう一度別の言い方で言いましょう。

そして、文法規則を暗記して従うことをしようとすることよりも、ネイティブの話を聞いて英語を学んだ方が得策です。実生活でネイティブの実際の使い方を直感的に理解できるだけでなく、教科書やテストに決して出ないことも学びます:ネイティブの文法規則の破り方。

Bill Northup

Bill Northup

Thanks for reading!

ビル先生は日本で12年以上英語を教えています。滋賀県の近江八幡市で英会話スクールを運営しています。現実世界で教えることに加えて、オンラインおよびバーチャルリアリティでも英語を教えています。詳細または無料体験レッスンの予約については、ここをクリックしてください。

他のコンテンツはFacebookやTwitterでフォローしてください。

Share on facebook
Share on twitter

関連記事