I Was Like ってどういう意味?

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

I Was Like...

〜な感じだった

You know what? I was gonna write this post, and then I was like, “It’s too hard to explain.” But then I was like, “No, this is really important.” And then I was like, “Nah, don’t explain, just give a bunch of examples and let people figure it out.” And then I was like, “Hmm, maybe I should explain a little, at least.”

あのね?私はこのブログを書くつもりだったけど、そしてそれから俺は、「説明しにくいかな」な感じだった。でも、それから、「いや、これはとても大事」のようだった。それから、「いや、説明しないで、たくさんの例文を書いて、皆さんに考え出させて」みたいな。それで、「うーん、ちょっと説明した方がいいかな、少なくとも」と思った。

“I was like…” is just a way we native speakers often use to say what we were thinking when telling a story about something that happened to us. It can also be what we actually said, or close to what we said. But it doesn’t really matter if we said it or not, the point is that it tells you what we were feeling at the time.

「I was like」は私たちのネイティブスピーカーがよく使う、起こったことについて話をするときに、何を考えていたのかを伝える言い方です。それか、実際に言ったこと、言ったことに近い言葉にも使われます。でも、実際に言ったかどうかはそれほど関係ないのです。重要なのは、その時点で思ったことがわかるということです。

Let’s just look at some examples, OK?

例文を見ようか?

Dialogues
対話

A: Have you seen Brian?
最近ブライアンに会っている?
B: Yeah, I finally saw him. And he didn’t even apologize for what he did. So I was like “Don’t talk to me.”
ええ、ついに会った。そしてやらかしたことを謝罪さえしなかった。だから「私に話すな。」な感じだった。

A: How’s that marketing class?
そのマーケティングクラスはどうですか。
B: I don’t know. I mean, the first day the prof just kept droning on and on about all kinds of irrelevant stuff. I was just like “Get to the point!”
そうでうね。あの、最初の日、教授は、いろいろ関係ないことをダラダラしゃべり続けていた。僕は「要点を話してくれ!」な感じだった。

A: So he told you he’s gonna fire you if you don’t work overtime?
それで残業しないと首にすると彼が言った?
B: Yep. But I was just like “Go ahead. I can find another job tomorrow.”
うん。でも、私はただ「どうぞ。明日でも別の仕事を見つけれる。」な感じ。

A: Did you hear Blake is moving to New York?
ブレイクがニューヨークに引っ越すと聞いた?
B: Oh, yeah. I was like “Good! Thank God! Finally!” I can’t stand that guy.
そうそう。私は「いいね!よかった!やった!」あのやつに我慢できない。

A: You ended up sleeping in your car?
車で寝てしまったの?
B: Yeah. I was so tired from driving, I was just like “I don’t care. I don’t need to find a hotel.”
うん。運転にめっちゃ疲れてた。「どうでもいい。ホテルを探さなくていい。」な感じだった。

A: Did you hear they’re having bands play at the Doghouse now?
最近Doghouse(バーの名前)でバンドがやっているのを知ってた?
B: Yeah, I was there the other night with Teresa. I was telling her, I was like “I love it! Keep doing that!” It just creates such a great vibe.
そう。先日テレサとそこにいた。彼女に言ってたね、「いいね!それを続けてください!」な感じだった。素晴らしい雰囲気を作るからね。

A: Did you and Jeff talk about renting that place to open the antique shop?
アンティークショップを開くためにその場所を借りることについてJeffと、話したか?
B: Yeah, I did. I was like “It’s too risky. There isn’t a lot of traffic on that street.” And he was like “Yeah, but you have to take risks to start a business.” And I was like “True, but you have to think about how risky something is before you decide to do it or not.”
うん、話し合ったけど。私は「その通りはあまり交通がない。」って。そして彼は、「そうだけど、ビジネスを始めるにはリスクを冒さなければならない」なんか、な感じだった。そして、私は「それはそうだけど、するかどうかを決める前にどれほどリスクがあるか考えないと」な感じだった。

A: So what did she say?
それで、彼女は何を言った?
B: She was like “Maybe.” She’s always so indecisive.
「たぶん」のようだった。いつもそんなにぐずぐず決めかねているよね。

A: Guess what! Ben’s gonna be on American Idol!
何だと思う!ベンはアメリカンアイドルに出る!
B: I know! I was like “No way!” I mean, I hate that show, but it’s pretty cool he’s gonna be on TV.
知っている!私は「うそ!」な感じでした。つまり、その番組は嫌いけど、テレビに出ることは結構素晴らしいね。。

Quick Examples
ちょっとした例文

[su_table]

 “Bye!”
 “Go ahead.”
 “Good idea.”
 “Help!”

I was like…

“Of course.”
 how I did it?
 “Oh no!”
 “So…?”
 “Sure.”
 “Thank God!”

[/su_table]

I was gonna keep writing. But then I was like,”Nah, that’s enough.” You should probably be doing listening practice anyway.

Bill Northup

Bill Northup

Thanks for reading!

ビル先生は日本で12年以上英語を教えています。滋賀県の近江八幡市で英会話スクールを運営しています。現実世界で教えることに加えて、オンラインおよびバーチャルリアリティでも英語を教えています。詳細または無料体験レッスンの予約については、ここをクリックしてください。

他のコンテンツはFacebookやTwitterでフォローしてください。

Share on facebook
Share on twitter

関連記事